シリウスをGMOクラウドiclusta+にアップロードする方法※SSL化は注意

シリウスで新規作成したサイトのデータをGMOクラウドiclusta+にアップロードする方法について解説します。

SSL化したサイトのデータをアップロードする場合は少し注意が必要です。

ネームサーバーの設定

まず、各ドメイン取得業者の管理画面で対象ドメインのネームサーバーの設定を行います。

具体的な設定方法は以下の記事を参考にしてください。ムームードメインとバリュードメインを例に解説しています。

GMOクラウドiclusta+側の設定

次にサーバーのGMOクラウドiclusta+側の設定を行います。以下の作業を行う必要があります。

  • ドメインの設定(アカウントマネージャー)
  • ユーザーの作成(プランマネージャー)
  • SSL化(アカウントマネージャー)

ドメインを使えるようにするためにまずサーバーにドメインの設定を行います。

また、GMOクラウドレンタルサーバーでは、各ドメインごとにユーザーの作成が必要になります。このユーザーを作成しないとシリウスでアップロードする際に必要となるFTP接続もできません。

SSL化については今回のシリウスのアップロード作業とは直接関係ありませんが、今からサイトを作成するならSSL化しない理由はないと思うので、合わせて行っておきましょう。

再び、以下の記事を参考にまずドメインの設定とユーザーの作成を行ったうえで、SSL化(「アルファSSLの申し込み」まで)についても行ってください。

データベースの作成作業は不要です。

シリウスでの作業

以下、シリウスでの作業は上記がすべて完了した時点で取り掛かるようにしてください。

SSL化の設定

シリウスでのSSL化の設定ですが、まずは「サイト全体の設定」より「サイトURL(半角英数字)」が「https」になっているか確認します。

続いて、リダイレクトの設定ですが、通常は「サイトオプション」→「常時SSL化の統一」で「常時SSLする(HTTPSで統一)」を選択します。

「常時SSLする(HTTPSで統一)」を選択することで「http~」のアドレスに来たアクセスを「https~」のアドレスに転送してくれるようになります。統一しない場合、「http~」のアドレスに来たアクセスが「https~」のアドレスに転送されないためURL正規化の観点から望ましくありません。

しかし、GMOクラウドiclusta+の場合はこのやり方でアップロードすると以下のように「リダイレクトが繰り返し行われました。」というエラーになってしまいました。

原因は、上記の「常時SSL化の統一」で「常時SSLする(HTTPSで統一)」を選択した場合にシリウス側で生成される.htaccessファイルの記述方法です。

以下は、「サイトURLのwww統一」で「wwwなしで統一する」と「常時SSL化の統一」で「常時SSLする(HTTPSで統一)」を選択したときに生成される.htaccessファイルの中身です(xxxはURL)。

5行目の記述がiclustaサーバーでは対応していないようです。

5行目のコードはhttpsでない場合はリダイレクトの対象にするという意味ですが、これが非対応のためリダイレクトが有効にならずエラーになっていたと考えられます。

なので、今回は、「サイトオプション」の「全体設定」からではなく「.htaccessファイル設定」から直接、.htaccessファイルを記述することで対応します。

「サイトオプション」→「全体設定」の「常時SSL化の統一」を「統一しない」にします。

「サイトオプション」→「.htaccessファイル設定」を開き以下をコピペして「OK」をクリックします。

以上で、SSL化の設定作業は終了です。

参考: FAQ_iCLUSTA

FTP接続先の設定

次にFTP接続先の設定を行います。上部のメニューの「設定」→「FTP設定」をクリックします。

「新規設定」をクリックします。

以下の通りユーザー名、パスワードなどを入力して「OK」をクリックします。

  • 接続先の名前・・・任意。わかりやすい名前を設定。
  • ホスト名・・・FTPサーバーの末尾のカッコ内のIPアドレス。
  • ユーザー名・・・FTPアカウント。
  • パスワード・・・FTPパスワード。
  • 初期フォルダ名・・・空欄。

以上でFTP接続先の設定は終了です。

GMOクラウドiclusta+のFTPアカウント情報が分からない場合は、下記より該当のドメインでプランマネージャーにログインします。

プランマネージャーログイン画面: https://www.iclusta.com/

「FTP」をクリックします。

表示されたアカウントをクリックするとFTPアカウント情報が表示されます。

サイト生成とアップロード

以上で準備が整ったのでサイトの生成とアップロードを行います。

いったん「保存」したうえで「サイトの生成」をクリックします。

「はい」をクリックします。

フォルダを指定し「OK」をクリックします。

「はい」をクリックします。

先ほど作成した接続先を選択した状態で「接続」をクリックします。

接続されました。URL名のフォルダ部分をクリックします。

アップロード先がURL名のフォルダ直下になっていることを確認し、「全てのファイル」をクリックするとアップロードが始まります。

アップロードが終了すると下記メッセージが表示されるので「はい」をクリックします。

「はい」をクリックしてFTPクライアントを終了します。

以上でアップロード作業が完了しました。サイトが正しく表示されるか確認してみましょう。

おわりに

以上、シリウスで作成したサイトのデータをGMOクラウドiclusta+にアップロードする方法についての解説でした。

アップロード作業自体は他のサーバーと同じで特別な作業は不要です。

しかし、SSL化させる場合は、他のサーバーと同じようにやろうとするとエラーが出てしまうので注意が必要です。